まなおの精神と時の部屋

ゆる〜く、自己満の日々を発信していきます。毎日楽しく生きてます。トレーニング、勉強、旅行を愛しております。興味があったら是非見てください!

不動産のインターン、その実態に迫る

 

www.manaosenpai.com

 前回の続きです

こんばんは、まなおです

 

今日は、前回の続きで就活について書こうと思います。堅い話ばっかりですがぜひ参考にしていただければと。

 

不動産業界、2daysインターン

そうです、以前お話しした選考の後、インターンに参加してきました。その内容についてお話しします。

不動産とは言っても、ディベロッパーなんですが、行ってきましたよ。

もちろんスーツ参加必須です。暑いですね。真夏なので倒れるかと思いました。

クールビズ可だったので、皆ワイシャツ一枚でしたがそれでも暑いものは暑いのです。

 

真夏の通勤ラッシュ「地獄」を乗り越え、都内にある会場へ到着。

おそらく同じインターン参加者だろうなと行った方がチラホラといます。

そこで、「インターンですか?」と話しかけるかかけないかはあなた次第です。

リラックスしたければぜひ。

時間になり、受付を済ませ席に案内され、班員が揃うのを待ちます。テーブルに来た人たちと2日間協力して最終日のプレゼンまで持っていきます。

なので、班員はやはり気になりますね。

そして全員が揃ったところで、アナウンスがあり、ざっくりと流れを聞き、まずは自己紹介。

アイスブレイクですね。この時間を設けてくれる企業とそうでない企業があるので、開始前に自己紹介を済ませておくべきケースもあります。

インターンのテーマは土地設定をし、そこに新規ビジネスを打ち出す。というものでした。

たった2日で、細かい部分まで考えプレゼンに持っていく、これはなかなか大変でしたよ。

正直、ぬるいインターンだと考えていましたが、要求されるのは高レベルでした。

土地代や、新規性、実現可能性。これらを細かく審査されます。ちなみにパワポでの資料作成が必須なので、パソコンに弱い方は今のうちから触っておくといいでしょう。

 

初日は、土地設定ですら意見がまとまらず、途方にくれました。それでもなんとか打ち出したビジネス、「高層ビルでの春夏秋冬農家」これがなんと初日の中間報告で利益性がない、と却下されました。。笑

笑い事ではないですね。班は絶望に陥り、明日の発表に間に合わない。そう実感しました。

もちろん、他の班もそんな知識あるはずもなく、苦戦していました。

    *収益の計算や細かいことは社員の方に質問可能です!

ちなみにお昼は、班のみんなで近くのカレー屋にいきました。束の間の休息ですね笑

 

結局、その日は0になってしまったので、みんなでファミレスで残業しました。「あぁ。サラリーマンて大変だ。」

そんなことを痛感させられましたね。ほんと、世のサラリーマンは偉大です。

なんとかその日に方向性が決まり、2日目、発表に持っていくことができました。。

僕の班にはたまたま、パソコンに強い人がいて、ほとんど意見を言わない人でしたが、その人がものすごい勢いで資料を作り上げていきました。人には適材適所があるなと。その時強く思いましたね。

そして発表し、人事や現場社員による審査で、順位決めです。

結果は優勝でした。嬉しかったですね。疲れが一気にきました^

ですが、大事なのはここからです。

きました、今後のお知らせ。

なんと今回のインターン参加者には本選考の際の一次試験、webテスト免除だそうです。

やはりありましたねインターンの恩恵が。

それだけ聞いて、その後は懇親会というなのお食事パーティーが始まり、社員も我有性も関係なく食事を楽しんでいました。

ここで大事なのは、インターンの恩恵がやはりあった、ということです。

つまり他の会社も、同じことをやっているなと。。。

つまり他の会社を受ける際は、インターンに参加していない組という枠で始まり、数少ない席を猛者たちと争わなければならないのです。恐ろしいですね。

はい!どうでしょう、ざっくりでしたがインターンの重要性が少しでもお分り頂けたでしょうか?他にも大手生保にいくつか参加したので、いつか記事にしたいなと思います。

では^